趣味で旧車に乗っています  

1973年式 絶滅危惧車 ミニクラブマンエステート レストア 完了後

レストアが完了しても仕上げの悪いところを再修正。
1.サイドガラスに傷があり、交換。 😥
2.スライドガラスの留め具が、最初から不具合。部品を作ってもらう。 😥
3.フロントガラスの合わせガラスにゴミがある、新品に交換しても、また、ゴミが。 😥
こんなものらしい。日本人は、神経質すぎるのか?妥協。
4.室内の塗装が最初から剥げている。 塗装直し。 😥
5.見えなくてもいい、配線がむき出しになっている、修正。 😥
6.ぶつけてもないのに、小さな凹み。修正。 😥
7.メーター周りの仕上げが汚い。修正。
8.天井が汚い。修正。 😥
9.ドアガラスが硬くて最後まで開かない。修正。 😡
以上で、再度入院。 😳
何を確認して専門SHOPは、引き渡しているんだろう。素朴な疑問。
その他、ガレージの床にオイル漏れかと思って、水をかけたら泡立った。????
はい、ウオッシャー液が漏れてました。
持ち込んで、修理。
走行中、ヒューズ切れ、ライトが、点灯しない。
バッテリーが充電してないらしい。
レッカーにて再度、入院。(ちなみエンジンは、かかったんだけど。)
助手席のシートベルトが、体にフィットしない、違和感。
シートベルトのつけ方が間違っている。
持ち込んで、修理。
その後、お約束のオイル漏れ。再度、入院。
これだけ書くと、ミニは欲しくないと思う人もいるかもしれませんが、
それを超える楽しさがあります。

このミニクラブマンエステートは、1998年式のローバーミニの1300ccエンジンを搭載。
シングルキャブのAT仕様です。
走行距離は、レストア後のセンターメーターよりカウントしています。
毎日の通勤の足にしています。
ミニに乗りたい、ミニは、壊れるなど興味関心がある方は、参考にして下さい。

2017.2.4