趣味の旧車クラブマン  NEWS  

1973年式 絶滅危惧車 ミニクラブマンエステート レストア後6,872km

・帰ってきたぞー。車検から戻ってきました

戻ってきました、旧クラブマン。
初めての車検、何やら明細を見ますと、
ワイパーゴム、
ステアリングラックブーツ 左右
リアブレーキホイールシリンダー左
以上が主な交換・修理。
あとは、車高を3㎝アップしておきました。
ごくまれに、初めての道でエンジンガードを擦ります。
これで、大丈夫だとおもいますが。 🙂
最後に右ドアからの水の侵入を修復。 🙁
一通り完了。
フルレストアして2年目実走行6,872kmで
自賠責・重量税など諸経費込みで
総額141,346円

代車のBMWミニにもお世話になりました。
1週間ばかり乗りました。
ウインカー操作が逆でてこずりましたが、
乗り心地にも慣れた頃にお別れでした。

途中、エンジンの警告灯が点灯してしばらくは、
点灯していたけれどいつの間にか消えていました。
やっぱり。消えた。ミニあるある自然治癒現象。
BMWミニにもしっかり継承されていました。 :mrgreen:

一つだけ、BMWミニのいただけない所が・・・。
代車に文句をつけて申し訳ないですが、
エンブレムが残念です。
ネットにもたくさん上がってますが、
エンブレムがシールなんですね。
最新型はわかりませんが、とりあえず代車のBMWミニは、シールでした。

エンブレムがシール????
う~ん。シールはないでしょう。
MINIの文字が完全に消えています。
これも手が掛かってミニ好きにはいいのかもしれませんが・・・?

BMWミニを敵対視するわけでは、ありませんが、
エンブレムには、自信と責任を持ってほしいところです。
ただそれだけです。

エンブレムに関しては、旧ミニの方がいいですね。
うちの子が一番。 🙂

※このミニクラブマンエステートは、1998年式のローバーミニの1300ccエンジンを搭載。
シングルキャブのAT仕様です。
走行距離は、レストア後のセンターメーターよりカウントしています。
毎日の通勤の足にしています。
ミニに乗りたい、ミニは、壊れるなど興味関心がある方は、参考にして下さい。

2018.7.1