pick up  ★手織りのつれづれ日記⇒  作務衣(さむえ)  

温故知新 作務衣(さむえ)製作26作

・原色系のたて糸の手織り作務衣を製作

今度の作務衣は、手織りの作務衣です。

生地として、ザックリと織りたい。(あくまでイメージ)
ラフな感じで織ることはできないか?(あくまでイメージ)
そう思い、太い糸で織ってみよう。(安易なひらめき)💡

たて糸の配色をイメージして、整経開始~。
配色といってもただ、自分の好きな色にするだけです。
勝手きまま、自分の好きな自由な色です。 🙂
思いきり行きましょう。 😮

私の作務衣は、約7メートルの33cm位の幅の生地が必要です。
襟まで手織り布でいきます。
襟まで、手織り布を使う為、生地がたくさん必要です。
この場合、単純に8メートル分の糸で整経します。
8メートルの糸でも両端は、織ることができませんので
約7メートルになります。
そして、織り上がった布は、洗濯機で2回洗って、干します。
そうすると少し縮みます。
それで、作務衣1着分完成。
以前、この事を頭に入れず、生地が足りなくなりました。
余る分には困りませんが、足りないのは、お手上げです。
バンザーイ。\(^o^)/。笑いごとではありません。
※後に、布幅も33cmより幅広に織ることに気が付きます。
最初は、何にもわからず突進しておりました。

糸を通してみると、
南米の国旗のような、原色のオンパレード。



最初が、濃いよこ糸で、途中から薄くなり、
最後はまた濃くなっています。
我ながら、よく織りましたなー。

2014.6.13作務衣製作 春・夏・秋・冬用

肩裏は、黄色のキュプラです。

たて糸は、あれだけド派手な原色でも
グレーのよこ糸で色のトーンが、抑えられてぼやけています。
これが、織りの不思議なところで
鮮やかな色にくすんだ色をかぶせると
思ってみない色になります。
織ってみないとわからない時もあります。
たて糸もよこ糸も、どちらも活かすことができる
場合もあるしできない場合もあります。
どちらかしか活きてこない場合もあって、
このバランスは、妙です。
難しいというか奥が深いです。

でもそこが、手織りの良さでしょうか、
手織り布は、誰が織っても個性があり、
ぬくもりがあって、優しい感じがします。
織られた反物にも、表情があり、
服になってもまた、味わいがでてきます。
既成の服にない面白さがあります。
着ている人は、輝いています。 🙂

生地の良さを出すために、
あえて、布の端は、切らずに縫い合わせます。
これも、手織りならではの縫製の始末です。
長い時間をかけて織った布は、
なるだけ、切らずに残したい。大事にしたい。
この作務衣もなるだけ切らずに仕上げています。
手織り服は、ある意味贅沢です。



手織り糸は、糸のきんしょうです。
今回のよこ糸は、綿スラブ(グレー)変化のある綿糸を
お探しの方にオススメです。

和装男子や和服男子は、作務衣選びや作務衣のメンズファッションの参考にして下さい。
伝統作務衣専門の通信販売
種類豊富100品以上。和装小物も有り。
送料全国一律600円(税別)。代引手数料無料!