アレコレ石の製作  

据付本番


天気は曇り時々雨。
朝8時に電話、10tトラックが門柱を積んで現場に向かう。
私は16tレッカーが入る前に現場の段取りのため
現場に鉄板を敷設します。
レッカー登場。

門柱登場。
まず、10tトラックから門柱を吊り上げる。
現場に下ろす。
職人と一緒に石をにらむ。

さて、どうやって吊ろうか?

まずは、起こします。

試行錯誤の連続。吊ってみる。傾く。危険。中止の連続。
吊り上げる。ミシミシと音がする。スゴイ重量。
緊張が走る。雨が降る。見物人もいる。
水平に吊れるまで、何度も繰り返す。

ようやく、吊れた。

今度は、台座にのせる準備をする。
ステンレスの15cm角の平板を4枚。
ステンレスの棒を門柱に差し込み、設置する。
ジワリ、ジワリ静かに降ろす。
ズシッと音がする。

据付本番3

ようやく終わり。ヘルメットを脱ぐ。
長かった。気がついてみると。
頭の片隅に門柱の事を半年くらいは、抱え込ながら仕事をしていた。
一つとして同じ現場なく、毎回が真剣勝負です。
怪我や事故もなく終えたことに感謝。
また、仕事を私に与えてくれたお客様に感謝。

2006.7.18